大熊猫史 鉄馬きっかけ編:大熊猫の独り言Ⅱ

大熊猫史 鉄馬きっかけ編

こんにちわ、土曜日の大熊猫です。

120116-2_20120713104941.jpg


さて、「大熊猫のバイクに乗ったきっかけ」のお話し。
そんなおもろい話でもないんやけどなww

大熊猫30代半ばのコト。

当時勤めたいた会社の担当していた仕事がかなりキツく、内容がキツイわけではなく処理する「量」がキツイわけで、延々終わりのない毎日を過ごしておりました。
41UaswSGMIL__SL160_.jpg
残業100時間は普通にしてたかも・・・

たかが出来の悪い女子社員、先の出世もないし。
年収は今よりははるかによかったし、同僚・上司にもめぐまれていたが・・・いわゆる「OLの行き詰まり」よね~、結果プチ鬱に入り始めたわけだ。

もともとOLってガラぢゃないのもあったんやけどな~ww

プチ鬱自覚症状が現れだし、身体的にはジンマシンが頻繁に出るようになり、自律神経がやられかけていた頃、
120713-2.jpg
これではアカン!と。

とにかく会社オンリーの生活はアカン。
追われる夢ばっか見るのもアカン。
いいちこ紙パックが2,3日で無くなってるのもアカン。
休日に寝たきりなんもアカン。
コンパももう飽きた・・・・

アカンだらけの生活から脱出するために何をするべきかを考えた熊が一匹。

120713-3.jpg
よしっ、何かお稽古事をしようではないか!!!

というわけで、当時時間を見つけては体験教室とか、語学教室とか、ジムとか・・・・でもあまり面白くない上に、結局ある程度調整してても定時で帰るのは難しい・・・

何かもっと自分にプラスになるとか、身につくとか・・・・ないか??


と考えたときに、
「そやっ、自動二輪の免許を取りに行こう!」と思ったのだ。

なんで??

原チャリ通勤をしており、これをマジェスティーにパワーアップすれば、2人乗りもできるしええんちゃう?と考えた熊が一匹。

もともと自動二輪はキライで車派の大熊猫。でも街中で車維持は大変やし、そのころはバイクなら路駐が出来る環境にいたのだ。

早速調べてみると、大阪では10万かかるが京都に行けば5万で取れるとのこと。
んじゃ!!と教習所にいくこととなる。


教習所初日にブーツ履いてったら「それダメ~」っていわれ、それまで持っていなかったスニーカーを泣く泣く購入。
んで、初めて400㏄のバイクに跨り、エンジン掛けて、、、、走りだしの練習をした瞬間、
120713-4.jpg
・・・・て革新的な確信げっとん♪この瞬間マジェスティーは頭の中から消えてしまったのは言うまでもない。

教習は難なくこなし、自分で言うのもなんなんだがかなり優秀やったと思うのよね~(笑)
コケたり、コーン倒したり、縁石乗りあげたりは一度も無かったと思う。
ってか、ほとんどほったらかしにされてた気がするww

卒検ももちろんクリアー&無事に免許げっとんである。

さぁ、免許があればバイクが欲しくなるというもの。
とにかくバイクに関して無知やし、バイク屋に行って
大熊猫:「バリバリぢゃなく、ぶるるるるぢゃなく、う”ぉーーーーーーーんって走る250㏄が欲しいんです」
店員のお兄さん:「んじゃ、フォーストがええかな~」
大熊猫:「そうなんや。」
店員のお兄さん: 「・・・・多分」

候補に挙がったのが、ホーネットとバリウスⅡ。
結果的にはバリウスⅡの新古車を松屋町で見つけて購入し、さっそく通勤に使ってたわけさ。
※ちなみに通勤距離は1.5キロほどなのでエンジンが温まる前に会社につく。

そのうち大熊猫のバイク通勤も有名になり、同じ部署の先輩やったデイトナ氏と取引関係の人らがツーリングに連れてってくれたのが「ツーリング」の第一発目である。
免許取って1か月、バイク買って3週間後のことであった・・・・・・・(T▽T)

コースは今から考えれば、大阪⇒青山高原⇒津市の海をみて帰阪するというものだったと思う。
バイクはCBRと、R1と、古いBMWだったと記憶してる。
この時はホンマに遅くって迷惑をかけてしまったと、今考えても恥ずかしい・・・・(>へ<;)/が、ここから私のツーリング熱が勃発するわけだ。

314-hjGF7EL__SL500_AA300_.jpg
そう、大熊猫に火をつけたのはデイトナ氏ということである。

1年後、会社も京都に変わり、通勤時の愛読書はバイク雑誌。
バイクの知り合いが欲しくなり、雑誌の募集欄をみて応募。

そこで、私のバイク師匠になる親分と寺島の兄貴と運命の出会い(笑)
※この時点で大型教習にいっており、2ヶ月後には大型のナナハンにチェンジ。
その流れで☆河童とも出会ったし、ゴキブリバツさんもそうである。

そこらへんからは「大熊猫の独り言」がはじまってるのでそちらを参照いただければと・・・・。


というわけで、私の場合、誰かに憧れてとか、レースを見てとか、映画を見てとか、、、、全く関係ない。
あんなに好きではなかった自動2輪なのに、プチ鬱解消するために選んだ手段が免許取得で、結果的には趣味になりハマってしまったということである。


↓まぁピーク時期はもう過ぎたけどね。。。。今はのんびりクリック♪
111122-2_20111122150327.jpg
↓Zもあっという間に7万キ・・・・・OHは近いぞクリック♪
11111.jpg
スポンサーサイト

コメント


>ぐりずり~なべーずさん
皆きっかけはいろいろやね~。
降りるきっかけも色々なんやろうけどなww

>kenさん
王子って「Z」のこと??
んじゃそれは今週の土曜日にでも・・・・

>バツさん
うん、バリオスの大熊猫はウイウイしかった♪

この記事読んで我輩がバイクライフ始めたきっかけってなんだったんだろう?と思い返してみた・・・

別にレースが好きでとか峠走るのが好きでとかではなかったはず。ただ中学からの友人が免許取得年齢になりいつの間にか原付乗って登場!いつも原チャリ軍団+ちゃり1名の構図で遊んでいた。(家は免許取るのにうるさくて高校卒業まで禁止であった)

で、高校卒業するとまわりは車の免許取りに行きその時は同じ様に車の免許を取りに行った訳だが当然の様に車なんて買える訳も無くとりあえず足代わりに近所のバイク屋さんに原付を買ったのが2輪(原付だけど)の初めての出会い。

オイル交換やタイヤの交換、暇さえあればバイク屋さんに入り浸るようになり店で常連のお客さんなんかのツーリング話や写真見ているうちにいつの間にやら興味が沸いてきて気が付けばバイクを買いたい衝動にかられるようにまたもや教習所通いし中型二輪免許取得。そしてバイクを購入。そこから何処へ行くにも即行動できる便利さにはまり今に続いているなぁ。

しかし、移動距離等の問題もあり社会人になってから大型二輪へSTEPUPし今の状況になっていますね。

様々なんですねぇ

大熊猫様バイクのプロローグを知り「へぇー」ボタンを軽く20押ししたkenです

そんなきっかけやった訳ですね
チョットしたキッカケがココに辿り着いた大熊猫様が居た訳ですね
後は王子との出逢いまでのエピソードで完結ですね(*^^*)

250に乗ってる大熊猫チャンは可愛いかったんやろうな(笑)
750ともなると免許から違う訳で、それなりに好きで乗れる人ってイメージやわ。
電動バイクが発売されるまで乗り続けようぜ♪

( ̄(工) ̄)K。さん
ニュー◯ラに行ってた( ´ ▽ ` )ノ
大型も。

おぉ!

そんな馴れ初めが!!(ってこう時に馴れ初めって言わないか。>w)
で、免許習得はデ○タですか!?いや、ニュー○ラかな?
ちなみに二輪デ○タはニトリに変わってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ookumaneko40.blog88.fc2.com/tb.php/925-108a9237

FC2Ad