今日は淀川大熊猫で。:大熊猫の独り言Ⅱ

今日は淀川大熊猫で。

こんにちわ、大熊猫です。

昨日は毎週楽しみにしていたドラマの最終回やって見なければならないのだが、先週の金曜日に5枚借りたDVDも見なければならないという状況な熊が一匹。

やっぱ5枚は多いわ、ツタヤさん。

金晩に1枚。 「小野寺の姉、小野寺の弟」を見たが・・・・・・・残念。いったい何が言いたい映画なのかわからぬまま消化不良。これだけ一泊二日だったので即返却、ポストにポン♪
150320-1-1.jpg

月、火と帰りが遅かったため、水曜日に2枚。
「カムバック!」(原題:Cuban Fury)
200_20150320110730190.jpgイギリス映画。
天才的なサルサダンスの才能を持ちながらも、周囲のいじめが原因でサルサダンスをやめてしまったブルース。25年がたち、平凡でデブな会社員となった彼は、新しくやってきた美人の上司ジュリアに夢中になる。そして彼女の気を引くために再びサルサダンサーとして返り咲くことを決意する。
「なんちゃって家族」(原題:We're the Millers)
200-1.jpgアメリカ映画。
失態の代償としてメキシコから麻薬を密輸することを命じられたマリファナの売人デビッドは、「家族旅行中の観光客なら怪しまれず越境できる」と思いつき、貧乏ストリッパーや冒険を夢見る童貞少年、ホームレスの少女を巻き込んで即席のニセ家族を結成。キャンピングカーに乗り込んでメキシコに向かう。
150320-1.jpg
どっちもコメディーやねんけど、英国と米国でちょいと雰囲気が違うのがおもろかった。
・・・・・というわけで睡眠時間は削られたが水曜は消化不良を起こさずに熟睡できたのだ。

で、昨日の木曜。
10時からは「問題のあるレストラン」を見るので、その前後で・・・・
「それでも夜は明ける」(原題:12 YEARS OF SLAVE)
yjimage_201503201149576ab.jpgアメリカ映画。
南部の農園に売られた黒人ソロモン・ノーサップが12年間の壮絶な奴隷生活をつづった伝記を、スティーブ・マックイーン監督が映画化した人間ドラマ。1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州、自由証明書で認められた自由黒人でバイオリニストのソロモンは、愛する家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオーリンズの地へ売られてしまう。

・・・・・・たぶん原作の「本」を読むほうがええかもしれへん。
150320-1-2.jpg
賞も沢山獲った映画らしいけど、私的には題材が題材なだけに時間が足らないというか、、、、、、クンタ・キンテとくらべたらあかんのやろうけどなんだか「ルーツ」的な訴えを期待してたからか不完全燃焼におわったなぁ~~。やっぱ白人が監督ってこういうことかなぁ~っておもっちゃったりもして・・・・。

というわけで、最後の一枚は観ずに返却となりそうなのである。


やっぱさ、DVDは借りるより買ったほうがええわな。
・・・・・でも買って失敗したらいややねん(=”=;)むずかしいな。

今日からモーターサイクルショーやんね。
行くか行かないか・・・・・・悩みちゅ~♪

天気はええみたいやから、皆様良い週末をおすごしくだされ。


↓最後の観ずに返却するDVDはなんやねん?て気になっちゃった人はクリック♪
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
↓淀川って川ぢゃなくて長治のことか・・・・・・っておもっちゃった人はクリック♪
11111.jpg

スポンサーサイト

コメント


>ジュンさん
女子受けはよかったとおもうんやけどなぁ~

最後、続編につなげられる作りになってたけど、脚本、出演者が豪華な割には数字取れてないみたいやから、どやろ?

>ジュンさん
最後あかんかったなぁ~
パワハラ・セクハラをもっと突き詰めて欲しかった・・・・・
最後各自が一年近く何をしていたかをみせてほしかった・・・・・
哲太がもっとたたきのめされてほしかった・・・・・
吹越満がもっと意味のある役なのかとおもってたがなんもなかった・・・・
きゃりーぱみゅぱみゅはいらんかったやろ・・・・・

やっぱたかが10話で終わらすドラマってのに無理があるのだ。

問題のあるレストラン。
コメディ+社会派シリアスという狙いだと思うけど、シンプルにコメディ+ラブロマンスで良かったような気が…
パワハラ、セクハラのくだりはいらなかった気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://ookumaneko40.blog88.fc2.com/tb.php/1653-e7273515

FC2Ad