大熊猫の独り言Ⅱ
FC2ブログ

こんにちは、大熊猫です。

さて、本日は「大熊猫の飼い方」をご説明しましょう。

最近メジャーになってきました「大熊猫」。お気軽にネットでも入手できるようです。
100617-1_20100617152443.jpg
このような箱が山猫宅配便で届いたら、きっと「大熊猫」です。
まず、ふたを開けてみてください。
100617-2.jpg
・・・ほら、いましたね、一匹。

さて、飼い方ですが・・・・
「大熊猫」の飼育の際には以下の3点に気をつけなければなりません。
4c071dbd01529b68.jpg
グレムリンの「ギズモ」と同じような感じです。

① 光に当てなければならない。
光が大好きなので、できるだけ明るい場所で飼うこと。特に太陽光には強く、アウトドアに連れて行くと喜ぶ。
100617-5.jpg
たまに行水させるのもいいかもしれませんね。川に連れて行くのも効果的でしょう。

② 過度に束縛してはいけない。
束縛を極度に嫌うため、「どこ行ってたの?」とか「誰といたの?」とかしつこく詮索されるとストレスとなり、家出してしまう。信頼が大事です。
100617-4.jpg
口をきかなくなり、スネてしまった場合、
100617-3.jpg
仲直りするには「プリン」が手っ取り早いと思われます。

③ 真夜中(12時過ぎ)に食べ物を与えてはいけない。
真夜中に食べ物を与えると細胞分裂を起こし、急激に膨張する。
100512-1_20100617153616.jpg
見張っていないとすぐに手をだします。
100310 OMOI
気がつけば細胞分裂は進み、えらいことになりますのでご注意ください。

100317 IPPIKI
※ ちなみに、「大熊猫」の闇売買は法律で禁止されております。決してしないでください。

あと、たまにですが・・・・水分を要求してきます。
100617-6.jpg
そんなときは、透明な麦の水か、麦の炭酸水を適量与えてください。
しばらくすると・・・
100617-7.jpg
自ら寝床へ戻っていきます。

あまり手間のかからない「大熊猫」。一匹いかがですか(゜▽゜)?
ジャパネット・オオクマネコまでお電話おまちしてまーーーーす♪

↓ギズモのほうが可愛いんぢゃね???と思う人はクリック♪

↓ジャパネット・オオクマネコの電話番号知りたい人はクリック♪
にほんブログ村バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

※このブログ内容はフィクションです。

>>しん様
拍手コメントありがとうございます。
スポンサーサイト