大熊猫の独り言Ⅱ
FC2ブログ

小豆島ライハデビューツーリング その1

こんにちは、大熊猫でございます。
100329 ittado
3月27~28日で「一泊二日初ライダーハウス体験in小豆島ツーリング」を決行してきました。

まず最初にライダーハウス「ライハのツボ」に電話をし、
「メス一匹、キャンプで宿泊お願いします」と予約を入れる。
その後、石黒犬氏が「ボクもジンリキ積んで行く~♪」と予約。
その後、サクラちゃんが「足がないけど海がみたいので参加しま~~~~す♪」と予約(笑)
※ そうです、大熊猫企画は各自自分のことは自分で!が必須項目。基本的に予約は各自、キャンセルも各自。

さて、当日いよいよ決行である!
6時起床、7時巣穴出発、姫路港到着9時・・・・・という熊のスケジュール。
6時に起床したのだが、黄砂にまみれたバイクを拭いたり、ガソリン入れたりしてたらあっという間に7時半。
「ぎゃぁ~~!!!早く姫路に行かねば!!!!」と西へ西へ・・・・
・ ・・・・・・むっちゃ混んでるやん(=へ=;)
神戸までワープっ!
・ ・・・と途中から阪神高速に乗ったのだが・・・・こっちも混んでる(T▽T;)
仕方ない、若宮までこのままいってしまえ!

そうそう、余談だが・・・・
高速乗るときに料金所のおじちゃんが「どこまでいくん?」と聞くので、「小豆島~♪」と叫ぶと、「おっ、マジ?ボク小豆島やねん♪」と(笑)「気をつけてね~」とおじちゃんに見送られた熊が一匹ww こいういうことがあると私は「ほっくり」して嬉しくなります。

さて、須磨からは2号線→250号線で姫路に向かいます。
しか~し、なんだか走っても走っても姫路に着かない(T▽T;)調子に乗ると国家熊猫に捕獲されるので、慎重に走ります。
今捕獲されると10ヶ月の我慢が水の泡です・・・・ww

時計見ながら姫路港を目指すが・・・・・9時を回っている。出航は9時45分。
行けども行けども姫路港に着かない・・・・・・・・・・・時間は9時15分。
念の為村人に「姫路港はコッチで合ってますか?」と尋ねると「もっと先よ~!」と言う答え。方向は間違ってない!急げ急げ・・・・・・・・・時間は9時25分。
・・・・あ“・・・携帯が鳴ってる・・・・・でれない・・・・・あと5分で着くはずだぁ~!・・・・と止まらず港を目指す。
9時31分、「小豆島急行フェリー」の乗り場に到着。
げっ・・・・バイクがすでに10台ほどならんでるじゃまいか・・・・。フェリー会社に聞いた時にバイクは7、8台ですって言われていたので「やばいかも!」と心配になる。

まず石黒さんに電話をし(石黒さんはすでに乗船待機中)、チケット売り場へ走る。
ところがチケット売り場には長蛇の列(T0T;)
「あ“ぁぁぁ・・・・乗れないかも・・・・」と鳴きながら列に並ぶ。時刻は9時35分。
ちなみに・・・次の出航は11時15分である。
DSCF2202.jpg
とりあえず、乗れなかったら11時の便で追いかける・・・ということで、石黒さんとサクラちゃんに連絡をする。
やっとチケット窓口にたどり着いた大熊猫、時刻は9時42分。
ダッシュでバイクに戻り、フェリーのおじちゃんに
100329 kibunn1
「のりますーーーーー!!!」
おじちゃんが「おーーーぃ、もう一台バイクおるわ~~!!!」と叫んでくれ、ホントに滑り込みにてフェリーに乗車。モチロン私が最後の乗り込みです(笑)
DSCF2200.jpg
「たすかったぁ~~~!!!!!!!」と船上にて石黒犬氏、サクラちゃんと涙の再会(T▽T;)
教訓;大阪-姫路間を甘く見ていてはいけない。特に土曜は交通量が多い。フェリーに乗るなら6時過ぎには(下道の場合)は大阪を出たほうがよい。

それよりなにより、コレだけの人が小豆島に渡る・・・というのにびっくりである。そのくらい人が多かったのだ。侮れない小豆島・・・・(=_=;)

フェリーに一時間半ほど乗り、11時半に福田港に到着。
ココからはサクラちゃんは石黒さんの車に乗せてもらい、まずは「大阪城石垣石切丁場跡」に寄ろうとしたが、車止める場所がなく通り過ぎる。
では、「マルキン醤油」へGO――――!!!!
すでに町中お醤油のニオイがぁぁぁ~。←こういうのはバイクならではです。
DSCF2209.jpg
モチロン「醤油ソフトクリーム」をいただきましょう♪
お土産のおしょうゆも購入しましょう。
お、、、おしょうゆプリンも購入しちゃいましょう♪♪
100327_1203~03
「お醤油ソフト」は、なんだか塩キャラメル味っぽくて、予想外に美味しかったです。
お次はお昼ゴハン。
「醤丼」(ひしおどん)というのに力をいれているそうで、じゃぁそれ!
マルキン醤油からすぐのところでいただきました。
DSCF2211.jpg
美味しかったけど、魚の量が少ない(T0T;)
DSCF2212.jpg
 ひつまむしみたいに最後はお茶漬け(出し)で食べるのだが・・・これはウマかった。
DSCF2213.jpg
・・・・・・・・・・でも魚の量がぁぁぁぁぁぁ・・・・・と心残りな昼食となった。

ゴハンの後は、やっぱり24の瞳の分教場に行きましょう。
映画村のほうはソコまで興味がないので分教場のほうだけでヨシとする。
DSCF2203.jpg
DSCF2207.jpg
DSCF2206.jpg

石黒さんの車の後をタラタラ着いていくのだが、きもちいいいいいいいいいいい!!!!!!天気はポカポカ(≧▽≦)風はなく、道は程よいクニョクニョがつづき、おまけに信号も少ない。
これぞTHR 初春のバイク日和!!!!
分教場で三人は、「24の瞳」ってどんな話やったっけ??とおぼろげな記憶を呼び戻しながら。。。。
DSCF2221.jpg
「わーーーー、私が低学年のころの校舎ってこれにか~なり近いモンがあるでぇ・・・・・」と34,5年前を思い出す熊が一匹・・・・・・。
DSCF2230.jpg
↑大熊猫先生♪

昔を堪能した三人は「オリーブ園」に移動。
DSCF2239.jpg
オリーブソフトを食べ、うろうろしていると・・・・・・
「ハートのオリーブの葉」を見つけると、無料でラミネート加工させてくれるんだそうだ。
「これは、探さねば!!!」とダイの大人が4つ葉のクローバーを探す勢いでオリーブの木に向かう。
春休みということもあり、子供たちに取りつくされているのでそう簡単には見つからないのだそうだ。でも必死で探す。

果たしてみつかるのか???
つづく・・・・・

↓え、ここまで??・・・・・続きを催促クリック♪

↓この時点で何時なの???3時くらいかな??おやつの時間だクリック♪
にほんブログ村バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

※本日の写真提供は「フォトグラファー・サクラ」です♪
スポンサーサイト